トップ

医師が職場を変えること

医師に必要な転職

地位

医師と転職の関係について

医師と言う職業は一般的な職業とは異なり、様々な職場で働くことで技術を深めていくという特徴を持っている職業であると言えます。この様な傾向は転職の頻度として現れるものであり、職場を頻繁に変えることは決して特別なことではありません。特に若い頃は様々な職場で仕事をすることで多くのことを学び、その過程で専門性を高めていくというケースが少なくありません。その様な仕組みの中で医師としての能力を高めることが出来ますし、その技術を活かす場を得ることもできるのです。この様に様々な仕事をすることで学びを深め、それぞれの専門分野を持って行くことになるのが一般的です。しかし高い専門性を持ってからも同じ場所で働くとは限りません。常に新しいものを求め、自分にとってより有益な環境を求めて転職を繰り返すのが普通です。この様な仕組みの中で移動が定期的に行われ、医療業界が成り立っているのです。転職は新しい技術を学び活かすために行われることも少なくないため、必要なことなのです。

医者が転職を考える時とは

医師が転職を考えるタイミングとして最も多いのは、「医局を辞める時」です。では医局を辞めるのはいつかというと、医学博士を取った時や専門医の試験に受かった時など、ある程度の利益を得られた時です。医局はピラミッド型の組織になっているため、教授や准教授になれるのはごく一部の人だけです。そして最も数が多い医員、一般の会社でいうところの平社員ほど、遠隔地に転勤させられるようになっています。医局としては、大学に籍を置きつつ、地方の病院で技術を身に付けてほしいと考えているのですが、転勤させられる側としては、どこに飛ばされるか分からないので、やはり不安感があります。ですから、資格を取るなど一区切りついた所で転職を考える医師が多いというわけです。しかし、辞める時はいきなりトップの教授に伝えなくてはならないのでかなりのストレスがありますし、医局としても医員が多いほうが望ましいので、簡単には辞められないというのが実情です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.