トップ / 医師の世界で重要視される事

医師の世界で重要視される事

医師がこだわるもの

地位

医師の地位と患者について

勤務医を中心に医師の世界では地位が重要とされています。一方、患者にとって地位等はあまり関係なく、良質な医療サービスを安定的に提供して欲しいと考えています。今後、患者のために熱心に業務に取り組んでいくべきです。そうすれば、当人の評価は高まり、高い地位を得る事が出来るからです。これは意欲的に狙うものではなく、業務を日々誠実に行っていれば自然について来るものです。そこばかりに目がいくと、患者や家族の声やニーズがわからなくなり、医療ケアの現場でミスをする危険性が高いです。その部分にこだわる事は否定はしないです。しかし、こだわり過ぎる事は危険です。あくまでも医師は患者のケアを行う人物としてあるべきです。勤務医のこのような環境に嫌気を感じ、開業医等に転職する人は少なくないです。医療従事者は患者本位で物事を考えるべきです。そうすれば、患者本位の流れが強まり、それを過剰に意識する人間が大きく減少するからです。

高い地位を有して尊敬される医者

伝統的には医師の地位はとても高く、僧侶や教師などと同様に聖職者としても尊敬されてきました。先生と呼ばれる職業は多くはないですから、高潔な人物であるのが当然と思われることも珍しくありません。しかしながら、何か問題を起こせば信頼は一瞬で吹き飛んでしまいます。聖職者と思われているだけに責任は重大であり、期待を裏切ったときの反動も大きいものです。地位は近代化以前には特に高いもので、医聖と呼ばれた人もいました。庶民から尊敬されるだけでなく、大名たちからも信頼されていました。中国から中医学の治療法を伝えた人がいれば、オランダ語で書かれた医学書を日本語にいち早く翻訳した人物もいました。昔の医師は現代に通じる医学用語も考えて、後継者の育成にも努めてきました。女医の地位は封建時代の名残があった頃には低いものでしたが、次第に認められて高い技術を有するようになりました。現代では世界中で活躍する人が増えて、医学の発展に貢献する逸材に恵まれるようになりました。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.