トップ / 医師のキャリアの積み方

医師のキャリアの積み方

医師として経験を積む

地位

医師の転科でキャリアアップ

医師になるためには、様々な科で実習を受けて、その中で一番自分に合った科を選択する事ができます。1つの科で、プロフェッショナルを目指す方法もありますが、キャリアの一環として転科をして、オールマイティーな治療を行う事ができる医師になる事も考えられます。例えば、救命救急などでは、所属するそれぞれに専門性が有ったとしても、必ずしもそれに合った患者が来るとは限りません。ですので、いくつかの科で経験を積み、柔軟な対応ができる事が望ましいです。コロコロと無意味に転科を繰り返してしまうと、専門性を勉強する事は愚か、キャリアを積む事もできないので、実習で様々な経験をする段階で、プロフェッショナルを目指すのか、オールマイティーを目指すのかをイメージしておかなければなりません。患者に取って、信用できないキャリアを積んでしまうと、その後にどのような努力を行っても、回復させる事は簡単ではありませんので、慎重に考える必要があります。

転科を考える理由とは

全体の3割の医師が専門をする科の変更を考えたことがあります。医療に従事する人の人生は、職場の人間関係や結婚・出産と言ったプライベートなことに大きく左右されます。場合によってはそれまでの地位や立場から離れ、新しい道を模索し、その結果として転科を考えることもあります。その理由で最も多いのが「他の科に興味や魅力を感じるようになった」というものが挙げられます。今の科の医師として知識や技術を高めている内に、総合力を高めるために他の科の分野の知識が必要になることもあります。それにより興味が出てきたり、または自分自身のスキルアップを望むのは自然な流れでしょう。逆に、現在の科は訴訟のリスクが高い・体力面での心配があるといった不安の解消も理由となりえます。もちろん科変更となると様々な不安もありますが、それでも転科の経験者は全体の2割に近い人数にのぼっています。また、40代以下の若い世代ほどその傾向にあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.