トップ / 医師の激務によるストレス

医師の激務によるストレス

医師のメンタルヘルス

地位

医師がうつ病になるケース

昨今、激務で心身を疲弊させ、うつ病を患う医師が増えています。患者対応、学会参加等で十分に休みを取る事が出来ず、ストレスが増大し、発病してしまうケースが多いです。今後、メンタルヘルスにも力を注ぐべきです。それにより患者へのサービスがストップ」する等の問題を防ぐ事が出来るからです。うつは誰しもが現在の社会では簡単になってしまう病です。異変を感じたらすぐに専門の医療機関を受診すべきです。また、この病気は周囲のサポートが非常に重要です。業務量の軽減、本人を不安にさせない言葉掛け等行います。早期に復帰したいと焦る患者が多い病なので、焦らさないようにする事も重要です。仕事内容、社会環境等から医師がうつに罹っても全く不思議ではないです。大切なのはその後の周囲のフォローと本人の意識、考え方です。周囲がサポートを熱心に行っても本人が以前のままであれば病気はなかなか治らないです。良い意味で本人が変化する事です。

医者がうつ病になるケース

うつ病といえばストレスの多い現代人にとってポピュラーな病気の一つとなっていますが、一般人だけでなく医療に携わる医師がうつ病になるケースも多く見受けられます。どうして専門知識が豊富な医者が自分の体調管理も行えないのかと不思議に思う人も多いですが、やはり仕事のストレスが過度にかかることが影響を与えています。一歩間違えれば患者の命をも失いかねないというプレッシャーや、患者、看護師、同僚の医師などとの対人関係も大きなストレスとなるでしょう。そして日勤や夜勤を繰り返すことで自律神経のバランスが崩れ、心身に不調をきたす原因にもなるのです。他にもハードな研修に明け暮れる研修医がうつ病になるケースも大変多いため、自分は専門知識も技術も身に付けているから大丈夫だとタカをくくらず、何かしら心身の異常を感じたときには病院を受診するなどの対応をするのが大切です。誰にも自分の不調を知られたくない場合には、自宅や勤務先から離れた病院を受診すると良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.