トップ / 研修医としての医師は

研修医としての医師は

研修医の医師とは

地位

研修医の医師について

研修医は、医師免許を取得したばかりの人であり、臨床の現場で必要な知識を実践しながら学んでいる人です。一般的に2年間は研修医として勉強していく必要があり、免許がなければできない医療技術を用いたさまざまな治療をしていくことができます。医師は、いろいろな診療科目を選択していくことが可能であり、免許を取ってから2年以内に様々な現場で勉強しながら、自分の行いたい科目を選んでいくことができます。専門性を高めていって、よい知識を磨いていくことができます。

医師免許を取得してからの研修医

大学を卒業後に医師免許を取得しても直ぐに一人前として仕事ができるわけではありません。研修医として一定期間実績を積んで初めて一人前となります。知識だけではわからないこと、学校では教えてくれないことなどを担当医の元で勉強をすることで一歩ずつ前進していくことができます。教えて貰ったことだけをやっているのでは学生時代とかわりません。担当医の仕事内容を見て覚えることや、人間性を盗むことで誰からも頼れる医師になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.