トップ / 医師の人数が少ない離島

医師の人数が少ない離島

離島での医師の経験

地位

離島で働く医師が求めらています

現在の日本では、離島で働く医師が求められています。島国である日本には、多くの島や半島、へき地などが存在しています。このような場所にも、たくさんの人たちが暮らしています。医療は、都市部に集中しているのが現状となっています。現在の離島にある医療機関には、電子カルテやCTなどの医療機器が導入されているところもあるようです。医師の人数が少なく、幅広い医療に関する知識が必要とされますが、やりがいを感じることができるようです。短期間で募集しているところもあるため、経験してみるのもいいでしょう。

離島の医師の業務について

多くの場合、離島の医師は数が少なく、ケースによっては一人ですべての科をみている事もあります。このような環境は厳しいです。なぜなら、最新の医療技術を知る事が容易ではないからです。また、心身の負担が重く、自身が心身を悪くする可能性があるからです。離島の医療は特定の医師にばかり任せるのではなく、多くの人がチームで行うべきです。また、患者や地域の不安を解消するために本土の医療機関と日頃から緊密に連携しておくべきです。つながりがあれば問題が発生しても慌てる事なくスムーズに問題に対応する事が出来ます。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.