トップ / 麻酔科に不足している医師

麻酔科に不足している医師

麻酔科の医師の数

地位

麻酔科の医師不足の現状について

現在、多くの医療機関では麻酔科の医師の数が数が不足しています。そのため、少数の医師が短時間で複数の現場を処理しなければならないケースが出て来ています。今後、このような状態が続いた場合、担当している医者が心身を疲弊させ、さらにその数が減少する危険性があります。結果、患者が安全なケアを受ける事が出来ない恐れもあります。麻酔科の医師不足を解消するためには業務量の適正化、待遇の改善を行い、従事する人間を増やす事です。彼らの数が増加する事は多くの患者や家族の安全、安心につながるので非常に大切な事です。

麻酔科医とその不足について

麻酔をすると人体にメスを入れるような強烈な苦痛を避ける事ができるので、安全に手術を行う事ができます。医学部の麻酔科はそれだけでなく、患者が安全に手術を受けられるように様々な全身管理を行う医師を育成する診療科です。この科の医師は手術の際の他、集中治療室における重症患者の全身管理や救急医療、ペインクリニックでの慢性疼痛や術後痛を対象とした専門的な診断と治療などを行います。2008年頃、麻酔科医の不足が大きな社会問題となりましたが、行政への提言が繰り返して行われ、改善が進められました。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師が職場を変えること. All rights reserved.